auひかり回線との違い、通信速度や料金を比較
ギガスピードのフレッツ光とauひかり回線との違いは何?
両サービスの通信速度や料金を比較してみてました。

通信速度

auひかりの通信速度は上下最大1Gbpsです。
これは戸建て向けの「auひかりホーム」、3階建て以下かつ8戸以上のマンション向けの「auひかマンションミニ」の場合の通信速度。
20戸以上あるマンション向けの「auひかマンション」は下り最大100Mbps・上り最大35Mbpsになります。
フレッツ光も通信速度は上下最大1Gbps。
通信速度に大きな違いはありません。

料金

auひかりは月額5,000円~6,300円。
au one netで口座振替、クレジットカード割引を適用した料金です。
フレッツ光は月額3,350円~5,700円。
料金については、フレッツ光のほうが若干安いようです。

両サービスの大きな違いは、対応プロバイダの数と関連サービスにあります。
フレッツ光のほうがauひかり回線よりも対応プロバイダが豊富。
対してauひかり回線は、auスマートバリューでauひかりとスマートフォンのセットで、スマートフォンの利用料金が割引になるためauユーザーには最適でしょう。

光コラボ回線でもギガスピード&Wi-Fi使い放題!

NTT東日本・NTT西日本から光回線の卸売りを受けて、インターネットプロバイダやケータイキャリアなどが次々と光コラボによるサービスを開始しています。
スマホと光回線を合わせて契約することで「セット割」が適用されて、光回線もスマホも割引価格で使えるようになるのが注目されています。

さて、この光コラボでも、フレッツ光と同じようにギガスピードが使えるのでしょうか?
安いからその分だけ通信スピードが遅いといったことは無いのでしょうか?

結論を言うと、光コラボでもギガスピードが使えます。
というのも、光コラボはフレッツ光と全く同じ光回線を、インターネットプロバイダなどの会社が提供しているものであり、その中身はフレッツ光と変わりません。
なので、最大1GBの超高速通信が光コラボでもきちんと使えるのです。

ドコモの光コラボ「ドコモ光」では、マンションタイプだと月額4000円。
これに、スマホ代が最大月額3200円割引となるので、実質負担は月額800円だけで、ギガスピードの光回線が使い放題となる計算になります。
自宅に光回線を引けば、Wi-Fiも使い放題に!スマホをWi-Fiで接続すれば、自宅にいる間はパケットを使わずに済むので、速度制限になる心配もいりません。

ドコモ光に乗り換えでギガスピードに

2015年2月以降、光コラボによる光回線サービスが各社から登場しています。
これは、フレッツ光の回線を各社が直接サービス提供するもの。光回線自体はフレッツ光と同じで、ギガスピードも使えます。

光コラボの中でも有名なのが「ドコモ光」。
スマホ・ケータイ回線とのセットでパケット代が割引となるので、ドコモユーザーにとってはフレッツ光からドコモ光に乗り換えるだけでもおトクに。
ドコモ光にすれば、光回線もスマホも、全てドコモがサポートしてくれますし、料金の支払いもドコモに一本化できます。

気になるのが光回線の品質。
安くなるとはいっても、通信スピードが遅くて使いものにならないのでは意味がありません。
その点ではドコモ光は安心して利用できます。
なぜかというと、ドコモ光はNTT東西が提供しているフレッツ光と同じ光回線だからです。フレッツ光といえば、日本で一番普及している光回線なので、その品質はもちろんトップクラス。
もちろん、1Gbpsという超高速通信にも対応しています。
フレッツ光を以前から利用している方の中には、100Mbpsや200Mbpsといった通信スピードで利用している方もいるかと思いますが、そのような場合でもドコモ光に乗り換える際にギガスピードタイプに変更することができます。この場合、工事が必要なケースもあります。
フレッツ光よりも安い料金で、フレッツ光と同じ品質の光回線が使えるのですから、乗り換えないのがもったいないですよね。

auひかりとの違い・比較、光コラボでギガスピード
Tagged on: