フレッツ光とプロバイダを別々に契約するよりも、光回線が安く利用できると言われている光コラボ。
フレッツ光から光コラボに転用するだけで、月々の支払額が1000円ほど安くなるケースもあります。

しかし、気を付けておきたい点として、必ずしも光コラボのほうが安いとは限らないということが挙げられます。

例を挙げてみながらチェックしてみましょう。

・NTT東日本「フレッツ光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」+OCN

戸建てでフレッツ光を利用する場合のケースです。
この場合、フレッツ光の月額料金は5700円ですが、「ギガ推し!キャンペーン」「にねん割」による割引と「マンスリーポイント」によるポイント還元分を考慮すると、実質月額4600円となります。
プロバイダのOCNは月額料金が1100円です(ファミリータイプの場合)。

合計すると、月額5700円となります。

さて、この契約から光コラボの「ドコモ光」に転用するとどうなるでしょうか。

・ドコモ光(タイプB・戸建て)

ドコモ光では、プロバイダによってタイプA・タイプBのいずれかの料金となります。
OCNはタイプBのプロバイダのため、月額5200円となります。

このように、ドコモ光に転用すると月額500円おトクになります。さらに、ドコモのスマホなどを契約していれば「ドコモ光パック」で最大月額3200円安くなりますので、合わせて最大月額3700円安くなります。

では、違うケースも見てみましょう。

・NTT東日本「フレッツ光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ(プラン2)」+BIGLOBE

マンションでフレッツ光を利用する場合のケースです。
フレッツ光の月額料金は3350円で、「ギガ推し!キャンペーン」「にねん割」による割引と「マンスリーポイント」によるポイント還元分を考慮すると、実質月額2950円となります。
プロバイダのBIGLOBEは月額料金が900円です(マンションタイプの場合)。

合計すると、月額3850円となります。

この契約から光コラボの「ドコモ光」に転用するとどうなるでしょうか。

・ドコモ光(タイプA・マンション)

BIGLOBEはタイプAのプロバイダのため、月額4000円となります。

このケースだと、フレッツ光からドコモ光に転用すると、月額150円高くなってしまいますね。
「ドコモ光パック」でスマホ代が最低でも月額500円は安くなるので、スマホ代と合わせて考えればフレッツ光よりもおトクにはなる計算です。

光コラボでは、スマホなどとのセット割がポイントになることが多いです。
auやSoftBankのスマホを使っているのにドコモ光に転用してしまうと、セット割が使えずに割高となってしまうケースも。
光コラボを転用する場合には、どの会社でセット割を活用するかをよく検討しておきましょう。

マンションタイプではフレッツ光ネクストの方が安いことも?
Tagged on: