「auひかり」と、auのケータイ・スマホのセット割「auスマートバリュー」は、その割引内容がドコモ光と比べて分かりやすい、と言われています。
だからといって、MNPでauのスマホなどに乗り換えてまで、auひかりを申し込むべきかというと、単純にそういうことにはなりません。

光回線の月額料金(戸建てタイプ)で比べてみましょう。
「auひかり」では、3年契約の「ずっとギガ得プラン」だと月額5100円(1年目)。
「ドコモ光」では、2年定期契約のタイプAだと月額5200円。
ここでまず注意したいのが、auひかりの方が一見安く思えますが、それは3年契約であるということ。期間中に解約・プラン変更すると、契約解除料が15000円も取られます。契約解除料がかからない更新月は3年に1回しかありませんので、なかなか厳しい条件です。

ドコモ光では2年契約で、期間中に解約した場合の契約解除料は13000円。契約解除料がかからない更新月は2年に1回となります。
この点で比べると、ドコモ光の方がやや有利です。

auひかりのセット割「auスマートバリュー」の適用を受けるためには、月額500円の固定電話サービスを申し込む必要があります。つまり、月額料金は実質5600円となります。
もともと自宅に固定電話(NTT東西のアナログ電話など)があって、それを継続して使いたいという場合は、固定電話の月額料金を安くできるケースが多いので、問題ありません。
一方、固定電話を使っていない方がわざわざ月額500円を払ってまで申し込む必要があるかというと疑問が残ります。スマホやケータイがあればまず固定電話は必要ありませんし、通話定額プランであればなおさらで通話料が有料の固定電話を使う必要はありません。セット割を受けるために固定電話に月額500円を払う必要性があるのかどうか、よく検討する必要があるでしょう。

これが、ドコモ光のセット割「ドコモ光パック」では、固定電話を申し込まなくても割引が適用されます。
もともと自宅に固定電話がある場合には、auひかりと同じく月額500円で固定電話が使えますが、そもそも固定電話が必要が無い方ならば、ムダに月額500円を払ってまで固定電話を申し込まなくても、セット割が適用されます。

光回線とケータイ・スマホ代の総額については、家族構成や契約プランによって大きく変わってくるので、auとドコモのどちらがトクなのか、一概には言えません。
ただ、セット割の割引額だけを比べてauひかり+auスマートバリューを使おうとしても、必ずしもトクにはならないという点には注意する必要がありそうです。

「auひかり」がおトク?3年契約「ずっとギガ得プラン」は契約解除料に注意